■PROFILE■
■OTHER■

脳の障害に対して
■脳の機能回復について
 昔は、脳卒中などによって脳が損傷を受けてしまうとその機能は回復しないといわれてきました。
 しかし現在ではその機能は回復することがわかってきています。

理学療法の可能性:脳


 ここでは脳の機能障害からの回復のメカニズムを紹介します。

■脳の可塑性
 脳は、数百億という数の神経細胞の集合体で神経細胞が手をとりあって回路を形成しています。 
 脳は各領域に役割を持っています。例えば手足の動きを司る領域、言葉を司る領域などがあります。
 そしてよく使われる領域は拡大します(ピアニストの指に関連した領域は大きい、目が不自由な方は手の感覚の領域が大きいなど)。ある場所に不具合を生じると他の領域でその役割を補うようにもなります。麻痺のある方の脳では、手足の動きに合わせて本来の領域ではないところでの興奮がみられています。
 また脳では同じ回路を何度も使うとその回路を強化し、信号が伝わり易くなります。また回路同士が新しい結合を作り、新しいネットワークも作ります。
 このように脳には情報の伝達効率を向上させ、学習能力を高めたり、障害された脳の部位を他の部位が代償する力を持っています。つまり脳は使用状態に合う様に変化していきます。これを「脳の可塑性」と言います。

※可塑性という言葉は塑性(plasticity) に由来します。文字通り、プラスチック製品のような性質をあらわす言葉で 力を加えると変形し、力を取り去った後も熱を加えて変形可能 なプラスチック製品のような性質を指します。

■脳の抑制現象の開放
 脳に障害が起こると、その障害部位の周辺にはむくみが生じます。また血流が低下します。この周辺部位は障害されてはいるが、手術や投薬によって一定の時間内にその環境が改善されればその機能を取り戻すことが出来ます。

■脳障害に対する理学療法
 脳の障害に対する理学療法は、上述のように脳の可塑性を発揮できるようなアプローチを行います。
 脳卒中であれば、半身に麻痺症状が出現します。麻痺側の動作への参加が乏しくなります。また麻痺していない側もかばうように過剰に緊張した状態となります。
 理学療法では、麻痺のある側、ない側が共に有効に使えるように、両側を用いた運動・感覚の経験を援助します。脳の残存能力を最大限発揮できることを期待して歩くこと、立ち上がること、起き上がることそして寝返りなどの基本動作獲得に向けて取り組みます。
 症状や理学療法の目標は脳の障害部位・程度、既往歴、もともとの背格好、体の使い方、生活様式などが合わさり、人それぞれとなります。
 それらを踏まえ、より良い生活様式の獲得に向けて、他職種との共同作業の上でアプローチしていきます。

○参考文献
1) 森 茂美 :健やかに立つ・歩くメカニズム.理学療法学 第33巻第4号 
137-146 2006
2) 道免 和久:脳卒中リハビリテーションにおける運動療法の新たなる挑戦.理
学療法学 第33巻第4号 147-154 2006
3) 奈良 勲編:くり返し、くり返し−脳障害後の理学療法−. 理学療法のとら
えかた Crinical Reasoning
 177-191 2001
4) 宮本 省三:片麻痺の機能回復.認知運動療法講義 47-66 2004

| http://kagoya.iwate-pt.com/index.php?e=54 |
| 理学療法豆知識::理学療法の可能性 | 04:58 PM | comments (x) | trackback (x) |
脳卒中
■脳卒中(脳血管障害)とは?
 脳卒中は、脳の血管がつまったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届かなくなり、細胞が死んでしまう病気です。最近の統計ではがん、心疾患に次ぎわが国の死因第三位となっています。発病後、医療を受け続けている患者さんは高血圧疾患、糖尿病についで第3位です。
その症状は損傷を受ける脳の部位によって人それぞれですが、急に意識がなくなったり、半身のマヒが起きたり、ろれつが回らなくなったりする発作がおきます。
 治療が遅れると症状の進行、再発作の可能性があります。また二次的合併症として関節が固まってしまったりします。
 早期に治療・リハビリを始めることが大切です。

■脳卒中の原因は?
 脳卒中には代表的なものに脳卒中と脳出血があります。
 脳の血管が詰まって起こるのが脳梗塞、脳の血管が破れるのが脳出血です。
 脳梗塞は高脂血症や糖尿病、心臓病により、血管が詰まり起こります。
 脳出血は高血圧、老化、栄養不良で血管が弱くて破れやすい状態で起こります。

■脳卒中を予防するには?
 脳卒中を予防する上で重要なのは 高血圧 を防ぐことです。
 脳卒中・高血圧は生活習慣病です。生活習慣による体と心へのストレスを軽減することが予防につながります。
 高血圧の原因はタバコ、運動不足、肥満、糖尿病、精神的緊張などがあります。

■発病したら?
 脳卒中は、早期の治療がその後の経過を大きく左右しますがマヒや言葉の障害など後遺症が出てしまうことが多いです。
 リハビリでは二次的な合併症を防ぎながら、残存機能を最大限に活かし、本人を中心に家族、多くの職種とともに日常生活を送れるよう進めていきます。

 =各職種の役割=
   ●医師
     診断・処方などを行います。
   ●理学療法士(PT)
     寝返る、起き上がる、座る、立つといった日常生活に必要な基本的な動作の練習と
    それらを効果的に行えるよう、全身の筋力、柔軟性の改善・維持を図ります。痛みが
    ある場合は、徒手療法や温熱療法などの物理療法も行います。
   ●作業療法士(OT)
     入浴、食事、整容、排泄、家事や仕事に必要な作業など、日常生活での作業ができ
    るように練習を行います。
   ●言語聴覚士(ST)
     言葉が話せない、理解できない、食べ物をうまくのみ込むことができないときなど、
    コミュニケーションや摂食・嚥下の練習をします。
   ●医療ソ−シャルワーカー
     社会復帰に向け、本人・家族への社会的資源(各種制度について)の案内、経済的
    なことを含めた相談や病院・施設外との連絡・調整などを行います。
   ●看護師
     日常生活の練習、体調・安全管理を行います。
   ●介護士
     日常生活の練習、安全管理を行います。
  他、管理栄養士、薬剤師、義肢装具士など多くの職種が関わります。

■家庭では?
 脳卒中では後遺症を残すことが多く、元の生活に戻るのは難しい場合が多いのが現状です。
その後のより良い生活を送るためには家庭の協力が大切になります。
 
 ・転倒予防のための手すりの取り付けや段差解消、ベッドの導入などの住宅調整
 ・退院後、より本人・家族がいきいきとした生活を送るための在宅サービスや施設
 サービスの利用
   (訪問看護、訪問リハビリ、ヘルパー、入浴サービス、施設への通所や入所)
 ・過剰介護にならない様な周囲の対応

 などがあります。ひとそれぞれおかれた境遇が違うのでなるべくその人その人に合った環境を設定していくようになります。入院期間中にこれらのことも相談のうえ進めていくことになります。


| http://kagoya.iwate-pt.com/index.php?e=52 |
| 理学療法豆知識::理学療法の対象疾患 | 04:34 PM | comments (x) | trackback (x) |
転倒
■転倒とは?
 転倒とは「自分の意思からではなく、地面またはより低い場所に、膝や手などが接触することである。階段、台、自転車からの転落も転倒に含まれる」と定義されています。
 統計によると65歳以上の3人に1人が毎年転倒し、75歳以上になると、急激に転倒頻度が上昇します。転倒は大腿骨の骨折の大きな要因となります。

■転倒の原因は?
・危険に対する注意力、慎重さ、経験、認識の低下、欠如が大きな要因になります。
 例えば、物を持ちながら歩く、だとか何かを作業するために台に上がるだとか、慣れ親しんだ作業だからなど、歩く、上がるといった事よりも他のことに注意が向きすぎているときなどによくみられます。
・床や路面の形状
 積雪・凍結によって凸凹があったり、滑りやすくなる。あるいは湿度が高いときには床に履物がくっつきやすくなり、つまづきやすくなります。
・段差、障害物、斜面
 段差、障害物そのものも危険因子ですが、やはりそれらを見落としたとき、あるいはそれらの高さ・大きさを見誤ったときにより転倒が起こりやすくなります。高齢者では自分が越えられると思う高さと、実際に越えられる高さに差が出てきます。
 斜面では傾斜している地面の上に立つこと自体にバランス能力が使われ、とっさの事態などに対する余裕がなくなってきます。
・明るさ、色使い
 他の部分に比べて「そこに何かある」と気づきやすいことが大切です。
・サンダル、靴などの履物
 足に大きさ、形があっていないとつまづきやすくなったり、つかれやすくなったりします。転びそうになったときの対応にも影響を及ぼします。
・高齢者の場合、筋力、感覚、瞬発力、敏捷性が加齢により変化し、バランス能力が低下します。

■転倒を予防するには?
・時間や気持ちにゆとりを持つ
 車の安全運転と同様です。危ないから 「ゆっくりやろう」、「杖を持って出かけよう」、「シルバーカーを押して出かけよう」、「つかまりながら行おう」、といった気持ちをもって行動します。
・つまづきにくい居住空間に
 部屋を片付ける、段差がない、手すりがあるといったバリアフリー化を図る。 掴めるものを転倒の危険性を予測してあらかじめ掴まりやすい場所に用意します。 
・履物を選ぶ
 バランスを保つためには足の指でしっかり地面をつかめる、足の裏から床の状態を感じることが出来ることが大切です。そのためには足にしっかり固定できて、大きさがあっていて、安定しているものを選びます。
・バランス能力の向上
 とくに足の指でしっかり地面を掴めることが大切です。以下に足の指の運動をいくつか紹介します。
転倒:ビー玉つかみ
転倒:ボール転がし
転倒:じゃんけん

| http://kagoya.iwate-pt.com/index.php?e=53 |
| 理学療法豆知識::理学療法の対象疾患 | 03:44 PM | comments (x) | trackback (x) |
椅子に座ってできる運動の紹介1
 ここでは、家でできる簡単な椅子運動を紹介します。今回は足・腰の運動を中心に紹介します。
 いずれの運動も行うときには息を止めずに吐きながら行って下さい。


1.基本姿勢
いす運動 基本姿勢1 いす運動 基本姿勢2
椅子の背もたれから背中を離して座ります。この姿勢が以下の運動を始めるときの基本姿勢となります。

2.お尻で円を描きます。
いす運動 お尻に円
両手を腰に当てます。 お尻で円を描くように腰を回します。時計回り、反時計回りと行います。

3.手を後ろに、顔も指先に向けて体をひねる。

いす運動 ひねる1 いす運動 ひねる2
片方の手を後ろに伸ばし、指先を見るように体をひねります。左右ともに行います。

4.腹筋運動。寄りかかったところから、頭を前に。
いす運動 腹筋1 いす運動 腹筋2
背もたれに寄りかかり、そこから体を前に持っていきます。

5.片方の足を前に出し、そのつま先を両手で。
いす運動 つま先1 いす運動 つま先2
足の裏側の筋肉を伸ばします。

6.半身を出して横向きに座り、出ている側の足を後ろに伸ばす。
いす運動 後ろに延ばす
体を半分出して横向きに座ります。足の前側の筋肉を伸ばします。このとき、両手で背もたれをつかみ少し寄りかかるようにするとより安全に行えます。

7.足を交差させて、下側の足の力で膝を伸ばす。
いす運動 膝を伸ばす1 いす運動 膝を伸ばす2
自分の上側になっている足を 錘 として利用した運動です。

8.両足をしっかり着けて、ゆっくり立ち上がる。
いす運動 ゆっくりたつ1 いす運動 ゆっくりたつ2 いす運動 ゆっくりたつ3
椅子に浅めに座ります。
両足を肩幅くらいに開いてつきます。
踵と膝より頭が前に出るようにおじぎをしてから、
お尻を持ち上げ立ち上がります。
息を吐きながら行います。

| http://kagoya.iwate-pt.com/index.php?e=29 |
| 理学療法豆知識::椅子運動の紹介 | 12:11 AM | comments (x) | trackback (x) |
どんな車イスがいいのかな?
車椅子の紹介トップ
●どうやって入手したらいいんだろう?
(1)身体障害者手帳を取得している場合、医師の診断書が必要なため、医師に依頼
(2)介護保険制度利用によるレンタルサービス
(3)各市町村の福祉事務所に相談


●身体に合うのが一番(選ぶ時、作成時のポイント)
(1)自分でこぐのか、介助が必要か
(2)どこで使うのか


大切なことは、オーダーメイド、既製品ともに体格に合っており、操作しやすいものを選びましょう。 右 我々理学療法士にご相談ください。

| http://kagoya.iwate-pt.com/index.php?e=20 |
| 理学療法豆知識::車椅子利用法の紹介 | 09:44 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑