■PROFILE■
■OTHER■

いわて運動療法研究会「復興応援研修会」
テーマ 「脳卒中患者の股関節の見方とアプローチ」
講 師  千里リハビリテーション病院 副院長 吉尾雅春 氏
日 時  平成 30 年 6 月 23 日(土) 10:00~16:00(受付開始:9:30~)
会 場  釜石市民ホール TETTO
受講料  無料

詳細はこちら



| http://www.iwate-pt.com/index.php?e=1491 |
| 会員向け::関連団体主催研修会案内 | 01:45 PM | comments (x) | trackback (x) |
研究・統計に関する研修会
テーマ  :「研究・医学統計を基礎から学ぶ」
日 時  :6月30日(土) 14:00〜15:30
場 所  :いわて県民情報交流センター アイーナ 817研修室 
ああああ (盛岡市盛岡駅西通一丁目7番1号 TEL:019-606-1717)
対 象  :岩手県理学療法士会員(定員20名) 希望者多数の場合は調整させて頂きます。
講 師  :平野医院 本田貴博(学術教育支援部長)
参加費  :無料
申込締切:平成30年6月22日(金)

*新人教育プログラム対象者は「C-7:士会活動・社会貢献」の単位となります。

お申し込みはこちら
※ID・パスワードは後日文書でお知らせします


| http://www.iwate-pt.com/index.php?e=1490 |
| 会員向け::主催研修会(協会含)案内 | 09:07 AM | comments (x) | trackback (x) |
平成30年度岩手県介護支援専門員実務研修受講日程のお知らせ
平成30年度岩手県介護支援専門員実務研修受講日程のご案内が届きましたのでお知らせいたします。

日時:平成30年10月14日(日) 午前10時〜
場所:岩手産業文化センターアピオ
申込手続
(1) 試験案内:5月25日(金)から各市町村・広域振興局等(保健福祉環境センター含む)の
aaaa介護保険担当課で配布
(2) 試験申込期間:6月26日(火)〜7月9日(月)
(3) 受験資格:国家資格に基づく業務に従事した期間が5年以上かつ業務に従事した実働
aaaa日数が900日以上の実務経験を有するもの
申込・問合せ先:(公財)いきいき岩手支援財団 総務・健康支援課 019-626-0196
       


| http://www.iwate-pt.com/index.php?e=1489 |
| 会員向け::事務連絡 | 09:28 AM | comments (x) | trackback (x) |
一般社団法人 日本離床研究会主催 研修会
※ご依頼元の原稿を掲載しております。

●一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座
「こんなはじゃなかった」と後悔しないための
回復期・在宅 呼吸アセスメント講座
日時:2018年5月19日(土) 10:00〜16:10
会場:岩手保健医療大学(JR盛岡駅より徒歩5分)
講師:飯田 祥 先生(日本離床研究会 学術研究部)
受講費:12,800円(税込)
内容: “ほんの少しの異常”に気づけるスタッフを目指そう
回復期・在宅だからこそ知っておきたい呼吸評価のポイント7
1.モニター・機器が少ない回復期・在宅だからこそ大切!“いつもと違う”そう感じたときにすべきこと
2.ポイントを絞って押さえる呼吸の基礎知識
3.これは状態悪化のサインだ!回復期・在宅における呼吸アセスメントのポイント
4.回復期・在宅でよくみる酸素療法の基礎と留意点
5.あなたの常識は非常識?教科書的な呼吸管理のウソホント
6. 回復期・在宅から在宅への活動量低下をどうおさえるか
 〜ADL維持を目的とした究極の対策〜
7.症例を通した呼吸ケアの実際
 〜離床の在り方を考える〜
申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP: http://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585


●日本離床学会主催 第8回 全国研修会・学術大会
日時:2018年6月16日(土)9:30〜16:30
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都)
大会長:中木 哲也(金沢医科大学病院)
受講費:9,800円(税込)
内容:新年度の診療報酬に「早期離床加算」の新設が発表され、早期離床の重要性は増すばかりです。しかし、やみくもな離床は患者さんの急変を招いてしまうことも…本大会では全国が離床に取り組む流れの今こそ、安全かつ確実に離床するための対策について徹底的にディスカッション。離床についておおくを学ぶことができる欲張りな1日を約束します。
<特別講演1>
〇「早期離床に必要な人工呼吸管理の基礎知識」 小谷 透
<特別講演2>
〇「嚥下の常識を打ち破れ!寝たまま嚥下の安全性」 福村 直毅
<教育講演>
〇診療報酬「早期離床加算」算定開始 いまこそ取り組もう!早期離床
〜2018最新エビデンスに基づいた臨床の動き方〜
日本離床研究会 曷川 元
〇教科書に載っていない! 離床出来ない状態を血液データから考える
済生会八幡総合病院 丹生 竜太郎
〇AVERT3から3年 脳卒中患者の早期離床は危険か?
熊谷総合病院 高野 利彦
〇その痛み危険ですよ!がん患者における骨転移のリスクと離床可否の判断
国立病院機構名古屋医療センター 櫻木 聡
<第7回全国学会 MVP講演>
〇離床時に必須!意外な心電図の落とし穴
大和成和病院 原田 真二
<講座ダイジェスト>
〇苦手を克服!酸素療法・人工呼吸器の呼吸アセスメントより〜酸素療法と加湿〜
石巻赤十字病院 谷 崇史
〇整形外科術後急性期に起こりうる DVT対策とADL アップのコツ
福岡新水巻病院 音地 亮
<ディベート>
〇こんな場合は離床できない!? エビデンスVS臨床の勘
広島大学病院 對東 俊介 兵庫医科大学病院 足立 拓也
<学会推奨セミナー>
これから取り組む施設は必見! ICUにおける早期離床の進め方
国立病院機構東京病院 見波 亮
<トピックス>
〇「2018年離床アワードノミネート!各施設・多職種での離床の工夫を一挙公開」
〇「パパママは職場復帰が不安!相談しづらい不安から対策を学んで安心復帰」
さいたま赤十字病院 河合 麻美
〇「チームが自発的に働きだす、コーチング型コミュニケーション!」
久野塾 理事・アドバイザー 吉田 彰
〇あなたは本当に“家族の声”を聴けているか 医療者が家族側になった時なにを思うのか〜体験談から
金沢医科大学病院 中木 哲也
<市民公開講座>
〇驚きの初耳学!寝たきりを予防する「離床」とは!?
熊谷総合病院 横山 浩康
【実践的な技術習得!実技セミナー】(事前予約制:各回36名)
1.離床から活動につなげるためのシーティング法
2.離床時のドレーン・ライン類の整理法
3.離床で使える!一歩踏み込んだROMex.
4.本当に使える呼吸フィジカルアセスメント
【一歩踏み込んだ教育セミナー】(事前予約制:各回36名)
1.脳卒中患者の職種によるゴール設定の相違と本音
2.血液データ判読講座 〜低栄養と離床〜
3.臨床画像判読講座(心エコー)
4.在宅医療に必須!離床の重要性と目からウロコのケア技術
5.NPPVの基礎知識
申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP: http://www.rishou.org/zenken/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585


●一般社団法人日本離床研究会主催 教育講座 
自分の脳も変えられる脳卒中セミナー
日時:2018年6月23日(土)9:50〜16:20
会場:エレクトロンホール宮城(仙台市青葉区国分町3−3−7)
講師:黒田 智也 先生(日本離床研究会 学術研究部)
受講費:12,800円(税込)
内容:この講座では、養成校ではなかなか学ぶことのできなかった、脳卒中患者における全身状態把握の仕方と共通言語での表現の方法を徹底的に学びます。
1 脳圧管理と血管支配領域からヒモ解く脳神経の基礎
2 画像を診れば病態がわかる!〜CT・MRI・血管造影の読影法〜
3 肩関節亜脱臼・褥瘡・誤嚥性肺炎など、合併症をシャットアウトする片麻痺患者ポジショニングのポイント
4 脳出血・脳梗塞・くも膜下出血 疾患別にみた早期介入のタイミングと離床の進め方
5 ベテランから学ぶ!離床していい症例・悪い症例の相違
6 実は病態を悪化させているかも!?脳卒中患者の離床NG集
7 前もって知っておけばスゴク安心!急性期脳卒中リハありがちなトラブル対策
申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP: http://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585


| http://www.iwate-pt.com/index.php?e=1488 |
| 会員向け::関連団体主催研修会案内 | 12:46 PM | comments (x) | trackback (x) |
SJF学会北海道東北支部 青森ブロック研修会
テーマ:『運動器再教育』
日 時:平成30年4月29日(日)9:00〜17:00 ※8:30〜受付開始
会 場:青森新都市病院 3F 講堂
     青森県青森市大字石江字高間109-18


詳細はこちら

| http://www.iwate-pt.com/index.php?e=1487 |
| 会員向け::関連団体主催研修会案内 | 09:14 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑